病院以外の道

医師の職場として、最もメジャーな職場はやはり病院です。
多くの人が医師の仕事と聞くと病院での診療をイメージしますし、医者の転職を検討している人も病院・クリニック以外の場所は考えていないという人もいるでしょう。

しかし医師の職場はそれだけとは限らず、診療以外の求人も存在をしています。
ここではそのような、病院以外の求人についてご紹介をします。

  産業医

企業が求人を出している、産業医。
その企業で働いている従業員の健康をサポートする仕事です。

巡回をして職場の環境が健康に悪影響を与えないかチェックをしたり、また健康診断の結果を受けて病気になるリスクを抱えている労働者がいないかどうか洗い出しを行います。
病人を相手にすることが病院よりも少ないので、そのぶん精神的に少し余裕を持てるというメリットがあります。

  研究医

研究医は、新しい治療方法を確立するため文字通り日々研究を続けている仕事です。
主に研究所や大学などが募集をしています。
研究ばかりと言うと何だか学生の延長のような印象を受けるかもしれませんが、実態は熾烈で、成果を出せなければ立場はどんどん厳しくなっていきます。

また給料も、医師としては決して高い水準ではありません。
医学の探求に没頭したい人には向いていますが、競争社会で勝ち抜いていく覚悟が必要です。

  メディカルドクター

当たり前ではありますが、薬の開発には医師が関わっています。
そのような製薬会社で働いている医者のことをメディカルドクターと呼び、開発過程においてのサポートや社員教育などを行います。

また勤め先にもよりますが海外出張など外国人と関わることも多いため、英語やコミュニケーションのスキルも求められます。
基本的に当直なしの定時勤務なので働きやすく、それでいて収入は高い点が人気の理由です。

  査定医

保険会社では、契約希望者の健康状態をチェックするための査定医を雇っています。
希望者にはすでに重病を患っているケースもありますので、査定医がそれを診断し、契約の条件を満たしているかどうかの診断を行います。

メディカルドクターと同様に定時で終われることが多く、プライベートも大事にしたいという人に向いています。

  まとめ

このように、医師にはさまざまな働き方があります。
どんな働き方が合っているかは、人それぞれ。
病院での勤務に限界を感じている人は、こうした道の医師求人も検討してみてはいかがでしょうか。

  コンサルタントの力を借りて転職する
  非公開求人がねらい目!